■INFORMATION
USエモ、ポストハードコアシーンの重要人物、Vadim Taver。彼の歌声がリスナーに初めて届いたのは、THURSDAYのヴォーカリストGeoff Ricklyとのコーラスワークが光ったTHIS DAY FORWARDの名曲「sunfalls and watershine(kairos EP、2002)」である。また、ex-HOT CROSSのJosh Jakubowskiとのサイドプロジェクトユニット、SUPERSTITIONS OF THE SKYでは、今回のソロ作品に近い形となるアコースティックなアルバムをリリースし、全米で驚異的なセールスを記録。在籍したバンドで常に重要な位置を担い、ファンに今後の動向が注目されていた彼が遂に始動。彼の卓越した繊細なメロディセンスと、叙情的な儚い歌声は、これまで培われた幾多の経験と複雑なバックボーンが織り成した唯一無二のディープな世界である。切なく儚く世にも美しい名盤がここに誕生した。本国アメリカを差し置いて、ここ日本のみの独占リリース!
Vadim Taver / expand escape (国内盤 : 予約商品)をご予約されたお客さまにはSTMのみの限定予約特典として
Elliott Smithのカバー曲を一曲収録したCD-Rをプレゼント!なお予約終了後は特典がつきませんのでご注意下さい。

■BAND : Vadim Taver
■TITLE : expand escape (国内盤 : 予約商品)
■FORMAT : CD
■PRICE : \2,100 (TAX IN)
■LABEL : FALLING LEAVES
■RELEASE DATE : 2010年7月21日
■予約終了日 : 2010年7月13日午前11時

■REVIEW
SHAI HULUDやSTRONGARM、MORNING AGAIN等のフロリダNEW SCHOOLシーンが隆盛を極めていた頃、そういったハードコアな音楽とはまた異なるアプローチで自らの音楽性を表現しようとするムーヴメントが起きていた。それがFURTHER SEEMS FOREVERやDASHBOARD CONFESSIONAL、そしてMY CHEMICAL ROMANCEやTAKING BACK SUNDAY、THURSDAY等のいわゆる「エモ」ムーヴメントに結びつき、時代を彩るさまざまなバンドが出てきてシーンをかき回し...
■TRACKING DATE
音源の視聴はこちらから可能です。
01. Watching the sun
02. Apples and oranges
03. Little paper
04. Net of being
05. 12/8
06. So soon
07. Reflections
08. The truthful one
09. The glass conceals so much
10. Happy branch
11. The world
12. A parallel Universe